Pマークの取得のために必要な費用について

個人情報を適切に管理しているということを対外的に示すことが出来る外部認証としてPマークは非常に有名な存在になっています。


しかしその認証の過程について詳しく理解しているという人はあまり多くありません。


このPマークは取得しているという事実が重要であり、取得していればそれだけで基本的な信用を得ることが出来るというのが魅力です。


このことは相手が個人であっても法人であっても同じであり、組織として対外的な信用を得るうえで重要な存在であると言えるのです。

Pマーク費用の情報が必要なタイミングで手に入ります。

そんなPマークの取得には費用がかかりますが、その金額は組織の規模によって決まる仕組みになっています。常時雇用してい従業員の人数によって会社の規模を決定し、それを基準に費用が決定する仕組みになっています。

本物のFC2まとめ情報の差に驚きました。

もちろん会社の規模が大きければ大きいほど費用も高くなる仕組みになっています。


その基準は認証を行う審査機関によって明確に定められていますので事前に確認することもできます。

このPマークは一度取得をしても認証を維持するためには更新審査を受けなければなりません。

2年に一度そのような更新審査の時期を迎えることになりますので、Pマークを維持するための費用として審査費用を意識しておかなければなりません。



もしもそのためにコンサルタントとの契約が必要である場合にはそのためのコンサルティング料も考慮しておかなければなりません。

より良い仕組みづくりを行うためにはコンサルタントの存在は重要です。